【面接の仕方】面接=営業?!

応募が入っていざ面接。しかし、どんな風に聞けばいいのか、何を話せばいいのか・・・

悩んでしまうこともあるのではないでしょうか。

 

まず基本として、面接はトーク力よりもヒアリング力が大切です。

 

応募者の働く動機はお金、キャリア、家族、人間関係などそれぞれ違います。その人がどんな背景で応募してくれたのか、まずは働くニーズにある背景をしっかり質問からヒアリングしていきましょう。

 

そうして応募者の本音を引き出すことができれば、応募者の自社への信頼は大きくなり、結果採用にもつながりやすくなるのです。

ちなみに、理想は面接時間の8割は応募者が話している状態といわれています。

 

そういった意味で面接は、「ヒアリングが大事だ」とされる営業と似ているといえるのです。

自社に魅力を感じてもらうために話したくなる気持ちはもちろんわかります。ただ、採用を成功させるには応募者のニーズの裏にある背景までしっかりとヒアリングをしてあげることが一番です。これが出来れば結果として面接成功率がアップしていきます。

 

「それはわかるけど、何を聞けばいいのかわからない」

 

そういう声も少なからずあるかと思います。

具体的な話は次回に譲りますが、一つ改善すべき点としては「面接開始早々に、いきなり志望動機を質問しないこと」です。

 

続きは次回にお伝えいたします。


求人広告掲載に関する詳細は、お気軽にお問合せください。

東京都内で求人広告代理店をお探しなら「株式会社ティーオーエイチ」

TEL:03-5155-3412

MAIL:info@toh-group.co.jp