【転職市場】最近増えている転職理由は?

リーマンショックから早8年。

転職動向も当時からだいぶ変化してきています。

 

先日DODAから発表された資料によると、

増えてきている転職理由が

「ほかにやりたい仕事がある」

「残業が多い/休日が少ない」

の2つ。

 

背景としては、上昇を続ける求人倍率がある。

転職が比較的容易な今のうちに仕事や待遇を改善したい。

そんな心理がこの結果から伺えます。

 

「ワークライフバランス」の概念が浸透してきたことも、

こうした傾向に拍車をかける一因といえるでしょう。

 

逆に下がった転職理由が

「会社の将来が不安」という理由。

 

リーマンショック直後は20%以上だったこの転職理由も、

今では10%以下と半分になってきています。

 

転職理由が社会的なものから個人的なものに

シフトしてきていることがお分かりいただけると思います。

 

それを踏まえると、今後の求職者へのアプローチ方法としては、

会社の安定性に加えて、「求職者が成長できる未来」を

具体的に提示することで求職者によりリーチしやすいでしょう。

 

【求職者は自分に合う求人を「待っている」】

求職者はたくさんの情報の中から自分にあう求人を探すことに

難しさと手間を感じているもの。

そんな求職者に対して企業側までもが

求人を出すだけの「待ち」のスタンスではマッチング実現は難しいです。

 

そこで、日本だけでなくアメリカをはじめとした諸外国でも

企業側からダイレクトに求職者にアプローチしていく手法がとられている。

 

今現在、国内で有効な手法としてDODAの『Direct Recruiters』が挙げられます。

 

これは簡単に言うと、

「スカウトメールを企業様が直接求職者に送れる」というもの。

自社にマッチしたターゲットを直接選んで送付できるのが特徴で、

通常のスカウト一括送信よりもマッチングしやすいのです。

 

運用方法のサポートや求職者獲得のアドバイスなどの

セミナーなども充実しているので、サポートも手厚いです。

 

もし、あなたが中途採用でお困りでしたら、

弊社担当が詳しくご案内いたします。

 

ご連絡は問い合わせフォームよりどうぞ。


※DODA掲載に関する詳細は、お気軽にお問合せください。

東京都内で求人広告代理店をお探しなら「株式会社ティーオーエイチ」

TEL:03-5155-3412

MAIL:info@toh-group.co.jp