米国で行われている採用手法とは?

米国の採用活動で特徴的なのは

「ソーシャルメディアを利用した採用」です。

 

たとえば、アメリカでは

「LinkedIn」

というメディアが活用されています。

 

LinkedInとはビジネス向けのSNSで、

アメリカでは1億2800万人以上が利用しています。

 

ユーザー数の多さもさることながら、

LinkedInには採用に有用なマッチングサービスもあるため、

多くの企業で活用されているようです。

 

日本ではまだまだ普及度が低いので、

LinkedInの導入が日本での採用活動に効果的かは

分かりかねるところですが。

 

「日本でもソーシャルメディアを活用した採用活動はできないのか?」

 

そうお考えの担当者様もいらっしゃることでしょう。

 

その可能性を切り拓いたのが、

LINEバイトの新機能「リクエスト」です。

 

LINEバイトに登録しているユーザーに向けて、

貴社求人のオファーを直接送ることができるのです。

(転職媒体のスカウトメールをイメージして頂くとわかりやすいでしょう。)

 

しかもこちらは文章を書く手間はありません。

オプション料金も一切頂きません。

(11/7から東京都でリリースされます)

 

求人の反響でお困りの担当者様。

 

いずれ有料化されてもおかしくないこのサービス。

無料で利用できるうちに一度試してみてはいかがでしょうか。

 

お問い合わせはお気軽に下記連絡先まで。


求人広告掲載に関する詳細は、お気軽にお問合せください。

東京都内で求人広告代理店をお探しなら「株式会社ティーオーエイチ」

TEL:03-5155-3412

MAIL:info@toh-group.co.jp