労働市場の未来設計

多くの業種で、人手不足が課題となっており、

年々大きな問題として語られるようになってきています。

それでは約10年後の2025年には、一体どうなるのでしょうか。

 

経済成長率0.8%を維持するために

必要な就業者数の推計と、

人口動態から推計した就業者数のギャップを算出しました。

そこから

2025年に約600万人の人手不足が懸念される事が見えてきました。

これは現在の2倍以上の不足です。

 

人手不足解消の選択肢では下記に4つが挙げられます。

・働く女性を増やす

・働くシニア層を増やす

・日本で働く外国人を増やす

・生産性をあげる

 

人手不足解消の4つの選択肢を現実のものとしていくには、

働く環境の整備や、働く人の成長支援も必要となります。

それらは多くの企業にとって、新たな取り組みとなるでしょう。

 


※LINEバイト他、求人広告掲載に関する詳細は、お気軽にお問合せください。

東京都内で求人広告代理店をお探しなら「株式会社ティーオーエイチ」

TEL:03-5155-3412

MAIL:info@toh-group.co.jp