2014年12月度 最新有効求人倍率発表

先月30日、東京労働局が2014年12月の有効求人倍率を発表しました。

それによると、都内の有効求人倍率(季節調整値)は1.68倍と、

前月より0.04ポイント上昇しました。

 

これはバブル期の1990年3月(1.68倍)以来、24年9ヶ月ぶりの高水準です。

特に飲食やサービス業などで新規求人が大きく増えました。

同労働局は「懸念していた消費増税の雇用へのマイナス影響は特段みられない」としています。

新規求人数(原数値)は前年同月比15.5%増の10万7,682人。

伸びが目立ったのは宿泊・飲食サービスで、72.7%増でした。

全国展開している外食チェーンが大量に求人をし、全体水準を押し上げたとみられています。

また、生活関連・サービス・娯楽や製造業も求人が旺盛でした。

 

新規求職者数(同)は1.9%減の3万2486人。

就業が進み、職を探す人が減少したとみられます。

企業の業績改善を背景に、解雇など事業主都合による離職者も減っています。

同労働局は先行きについて「雇用環境に大きな不安要素はないものの、

有効求人倍率の水準は相当高く、さらに大幅に上昇していく展開は考えにくい」とみています。

 

2月にはいり、スタッフ募集をする飲食・サービス企業様が多いと思います。

求人に関してお悩みの際は、お気軽にご連絡ください。

各地域での最適な募集媒体・原稿内容とトータルサポート致します。


※東京都内で求人広告代理店をお探しなら「株式会社ティーオーエイチ」

TEL:03-5155-3412

MAIL:info@toh-group.co.jp